「Tasker」でAndroidフォンへの着信をApple Watchに通知

 私が使用しているコンピューターはApple製品が多いです。
 メインのパソコンはMac、PDAはiPhone。iPadで書き込みや読書を行い、Apple Watchで通知を受け、ライフログをつけています。
 Apple Watchは最初はどうかと思ったのですが、睡眠の記録や活量を測定し、身体の現状を知るのに役立っています。
 あと重要なのが着信やメールの通知を受けることです。スマートフォンのバイブレーションはなかなか気づきません。机上やカバンに入れている時はもちろん、ポケットに入れて歩いていても気づかない事が多いのです。
 しかしApple Watchをつけていると、気づかない事はまずありません(寝ているとさすがに無理ですが)。

 とはいえ、私はメインの電話はAndroidフォンで受けています。
 というのも、通話の録音はAndroidでしかできないからです。私は忘れっぽいので、通話内容はしばらく録音して残しています。聞き直す事はそう多くはないのですが、時々「あれ? さっき何日って言ったっけ?」といいう時に助かります。しかしiPhoneは原則として通話を録音することができません。Appleの方針のようです。国内には3者間通話を利用して録音するアプリもあるようですが、auとソフトバンクの機能を使っています。私の使っているdocomoでは使えません。
 理由はそれだけではないのですが、ともかく通話はAndroidフォンでしています。

 しかしApple WatchはiPhoneのコンパニオンデバイスです。AndroidフォンからはApple Watchに通知することはできません。
 まあ、Androidに対応した活量計やスマートウォッチもたくさんあります。それらを使えばいいのですが、どうも気に入ったものがないのです。

 そこで、「Tasker」というAndroidアプリを使い、「来た着信をSMSでiPhoneに送る」という簡単なマクロのようなものを実行させています。iPhoneに送られた通知はそのままApple Watchに転送され、着信を知ります。
 なんとも迂遠なやり方ですが、意外とこれでなんとかなっています。iPhoneをチラ見してポケットに電話があればそれで受ければいいわけですからね。その場に無かったとしても、ともかく着信があった事は知ることができます(docomoの留守電サービスが留守録をメールで送ってくれれば、もうそれだけで全て完結するのですが)。

マクロの作成手順

 やり方としては、まず「Tasker」をAndroidフォンにインストールします。
「Tasker」はGoogle Playストアで入手できます。

「Tasker」を起動すると「PROFILES」のタブが開いています。
 右下に「+」ボタンがあるので、これを押してプロファイルを作成します。
「+」ボタンを押すと、Application、Day、など条件の一覧が出てきます。
 今回やりたいのは「着信したらSMSを送る」なので、そのタスクを組み立ててみましょう。

 条件の中から「Event」を選択します。
  するとカテゴリー一覧が出てきます。
 そこから「Phone」→「Phone Ringing」と順に選択していきます。
 これが、「電話が鳴った」という事です。
 ここで左上の「←」でメニューに戻ると、「New Task」と「+」ボタンが出現しています。今指定した条件が合致した時、何をするかをここで指定するのです。
「+」ボタンを押すと、Taskの名前を記入する欄が現れます。ひとまず「Send SMS to MyiPhone」とします。
 すると、「Task Edit」というメニューにうつります。ここで何をするかをプログラムするわけです。やはり、右下の「+」を押して、新しいプログラムを作成します。
 さっきの「カテゴリー」リストが出現するので、今度は「Phone」→「Send SMS」と選択していきます。
 すると、SMSの内容を指定するメニューに映ります。
「Number」にSMSの送り先のiPhoneの電話番号を入力し、
「Message」に本文を入力します。「電話がきたよ」あたりでいいでしょう(笑)
 そして左上の「←」を押して「Task Edit」に戻り、もう一度「←」を押して「PROFILES」に戻ります。
 すると、空欄だった「PROFILES」に、今作ったマクロがあります。
 マクロの右端のトグルボタンで、マクロをオンにしておきます(多分既にオンになっていると思います)。

 これだけです。iPhoneやApple Watchですることは何もありません。
 Androidフォンに電話がかかると、Apple Watchに「電話がきたよ」と表示されます。

 やり方は「忘れ荘」さんblogを参考にしました。
 とても分かりやすくやり方が書いてあります。

ディスプレイを接続していないMac miniの解像度は「Display Menu」アプリで変更できる

私はセカンド機にMac miniを使っています。

Macのデスクトップとしては最も低価格帯の製品で、大きさもコンパクトなのでセカンド機にはピッタリです。負荷がかかるバックグラウンド作業などを主に任せています。

コントロールも主機から画面共有(リモートログイン)して使うので、ディスプレイも不要です。電源とイーサネットケーブルだけを繫いで、机や棚の隅に置いておけます。無線LANを使う場合はイーサネットケーブルすらも不要です(ただ、最初のセットアップと設定にはディスプレイとマウス・キーボードが必要です)。

Mac miniの電源を入れるとマウスとキーボードを接続するよう表示されていますが、画面共有でログインするとコントロールがそちらに渡ってすぐに消えます。
ただ、ディスプレイを接続していないMac miniは解像度が1280×1024に固定されています。環境設定の「ディスプレイ」を開いても、他はXGAしか選択できません。
バックグラウンド作業を指示するだけならこれでも十分なのですが、ガッツリ使うには狭いのも確かです。

ふと思いついて、App Storeから「Display Menu」をインストールしてみました。

「Display Menu」はメニューに表示される以外の解像度を設定するアプリです。私はRetinaディスプレイのMacBookで使っていました。

MacBookの実画素数は2304×1440あります。しかし、標準では1440×900ドットまでしか設定できません。Retinaディスプレイなので、文字や表示をきめ細かくするためにこういった仕様になっています。しかし、せっかくの高画素数なのでドットバイドットで使いたい時もあります。

そんな時、「Display Menu」を使います。このアプリからは、標準解像度以外の多くの解像度が指定可能になります。実画素数以上の解像度も指定できます(12インチのディスプレイでは少々実用性は低いですが)。

「Display Menu」をMac miniにインストールすると、ディスプレイを接続しない状態でも、Full HDまで指定できるようになりました。

Panasonicレコーダー DMR-BRG2030 多チューナー全部盛りで高コスパ だが少々不安定

それまで使っていたレコーダーのブルーレイドライブが少々不安定になってきたので、2018年の春頃購入しました。

重視したのは以下の点です。
▼ネットワークダビングやSeeQVaultに対応し、BDドライブが故障しても番組を逃がせること。インターネット経由での宅外視聴に対応していること。以前買った時は、これらの機能が搭載される前でした。
▼3ch以上の多チューナーであること。
夜中のアニメや映画やドラマ、バラエティ番組を録画して観ていると、ひんぱんに番組被りが生じます。全部は見ないにしても、録画して冒頭だけでも観ておきたい、そんな事もあります。

前回レコーダーを買った時は「全録り」の全盛期でした。
13チャンネル搭載機などというお化けレコーダーも出ていました。
しかし、最近はその勢いも一段落したようで、また1〜3チャンネル機が主流となっています。
それ以上の大量のチューナーを積んだものは、ハイエンドでも少なくなっていました。

さて、どうしたものかと売り場をみまわし、目にとまったのがDMR-BRG2030でした。
2TB比較的大容量のHDDを積み、外付けHDD・ネットワーク機能もももちろん対応。それでいて6チューナーで5〜8万。
後継機種が発表される直前で安くなっていたのもあり、即決しました。

機能としては申し分なかったのですが、性能はイマイチ。起動後の番組一覧の表示など、よく待たされることがあります。
どうも、機能てんこ盛りの割にプロセッサやメモリを渋っているのかな、という印象です。安くするためには仕方ないのでしょう。

それはいいのですが、予約に結構失敗します。

起動すると「予約期間に実行を開始できない状態であったため録画できませんでした」とメッセージを出し、再起動に入ります。
だいたい二週間〜一か月に一度の割合。これは困ります。
今まで、Panasonicのレコーダーは安定している印象だったので、これは初めての事でした。
ネットで検索してみると、結構前例が見つかりました。
「ミッドレンジ全部盛り」のこのシリーズはどうも不安定なようです。動作の遅さからも想像できたのですが、この「全部盛りで安く」という作りには結構無理があるようです。
修理に出してメイン基板が交換されると、直ることが多いようです。
自分も修理に出しました。
あれから一か月ほど経ちますが、まだ録画の失敗したことはありません。このままうまくいくといいのですが。

このシリーズは魅力的ですが、1クールは流し運転をして、不具合がない事を確かめるべきでしょう。

覗き見防止フタ付きケースを買ってみたが…(iPhone 2018年版用)

Amazonで見つけたので買ってみました。

『iPhone XS Max ケース 手帳型 横開き ハイブリッド TPU + 半透明フタ ガラスフィルム内蔵 覗き見防止 ワイヤレス 充電対応 軽量 薄型 ブランド 正規品』

長い商品名です。

2018年のiPhoneの新製品、XR/XS/XS Maxにそれぞれ対応した品が出ています。

カラーはブラックとレッド。あまりバリエーションはありませんね。

興味を惹かれたのは、フタが除き見防止になっているという点でした。

覗き見防止フィルムを貼ると、どうしても視認性が低下します。電車の中などではともかく、一人で使っているときはクリアな画面で見たいものです。写真を人に見せたりする時も、邪魔になりますしね。

しかしこのタイプの製品ならば、衆人環視の中ではフタをして、そうでない時はフタを外して、と使い分けられます。

しかし…結論から言うと、期待通りのものではありませんでした。

「覗き見防止」と書いてありますが、いわゆる一般的な「除き見防止フィルム」の機能はありません。普通こういった製品は「正面からははっきり見えるが、角度をつけると見えなくなる」というものです。しかし同品は、正面から見ても、角度をつけても、同様に見にくいのです。単純なスモークフィルムでした。

まあ、持ち主は正面から凝視していますから、確かに読めます。持ち主以外は画面を見るのは困難です。そういう意味では「除き見防止」なのは確かです。普通のフタ付きケースとして使って、あまり他人に見せたくないものを見るときはフタをしたまま使う、というやり方なら普通に使えます。

操作性について。

フタをした状態でも、タッチパネルは使えます。ザラザラした質感なので、ガラスの指滑りの良さはありません。

また、本品以外のフィルムを貼っていると、フタの上からは操作はできません。

実はこの手の製品は、iPhone6の時代ではもう見かけました。それは正面からはちゃんと見えるタイプでした。前例はあるので、2018年用も出る可能性があります。

当時、私は除き見防止ガラスフィルムを使っていました。しかしXSシリーズはせっかくの有機EL液晶です。できることなら着脱できる除き見防止カバーにして、普段は裸で使いたいものです。もし出たら、また試そうと思います。

購入時の価格は1280円でした。

敬語か? 非敬語か?

私は今まで、フリーのブログサービスや掲示板やSNSを使っていました。

それらでは敬語は使いません。

しかし、このblogでは敬語を使うこととしました。

現在のところ、このブログもまた自分用の備忘録であり、不特定多数の読者は装幀していません。しかし、ネットに公開する以上、訪れる人に何らかの助けになってくれるといいと思います。読者を意識するためにも、このブログは敬語でつづることとしました。

BLOG START!

開けましておめでとうございます。2019年となりました。

今年から、WordPressで備忘録をつけることとしました。

フリーのblogサービスとはどう違うのか? 色々と試してみようと思います。

基本的に、ガジェットを中心とした雑記blogとなる予定です。

投稿は無理の内範囲内で、ゆるゆると進めます。